Book-of-Oz-Casino-Slot-Machine-at-Vera-and-John

オズの魔法使い知ってる?ベラジョン で新しくなってオンラインカジノで遊べるよ!

ニュース

発売からすでに10年経っていると知ったら、以外に驚く人が多いのではないだろうか。名作のポケモンシリーズだけでなく、夢中になってDSで遊び込んだゲームソフトはもうすでに懐ゲーとなっている。だれでも一つくらいは思い出のゲームというのはあるだろう。友達がなんというかなんて気にもならないくらい没頭して楽しんだゲームだ。私の場合、それは「オズの魔法使い」だった。子供の時からよく母が聞かせてくれた物語はずっと私の心に残っていたし、RPGも大好きだった私としては、「オズの魔法使い」がRPGでDS で発売されると聞いた瞬間から購入したいと思っていた。購入した後は親も呆れるほど没頭したし、食事を食べなくなったので散々親に叱られて大泣きしたほどだった。それでもやめられなかった。音楽も、グラフィックも、ストーリーも、オズの世界に私を引き込んでくれたし、タッチペンで下の画面のトラックボールを転がして移動するというのが何より快感だった。もしまだプレイしたことがない人がいたら、ぜひ試してみてほしいと思ったりする。

Book of Oz

今、私はもう社会人で、通勤ラッシュに耐えながら、毎日忙しく働いている。あの頃のようにゲームに夢中になることはもうないけれども、朝から晩まで無機質で同じことが繰り返し続くような生活をしていると、どうしても昔の思い出が恋しくなる。そして、通勤電車の窮屈な世界でスマホを眺めながら過ごしている。

vera and john

仮想通貨でお金を稼ぐことができたので、友人のY子がやたら勧めてくるオンラインカジノを始めたのも、そんな時期だった。その中でも ベラジョンカジノ評価は高かったので、Y子に教わりながら初めてのカジノというものを始めることになった。

通勤電車は私のカジノになった。ベラジョン はたくさん可愛いスロットがあって毎日違うスロットを回し続けた。ジャックポットが出たこともなんどもあって、電車から降りてそのまま会社をやめてもいいと思ったほどだった。

ある日、いつものようにベラジョン のスロットを開くと、一つのスロットが目に飛び込んできた。まるでそのアイコンが光り輝いているように見えた。その名前は「Book of OZ」。

すぐに開いた。スロット自体は普通だった。リールも絵柄も特に特別というわけではなかった。でも嬉しかった。出てくる絵柄はオズを知っている人ならにやけてしまうものだったし、絵柄がDSを楽しんだ時のゲームによく似ていたからだ。作ったのはマイクロゲーミングという会社で、かなり大手らしい。いちばんの売りはリールごとに再スピンできることらしいのだけど、私にはどちらでもいいかなと思った。

オンラインカジノはいくつも遊んだけれども、ずっとベラジョンカジノ評価は高かったし、その理由もよくわかった。昨日も電車の中でずっとスピンさせていたし、明日も遊ぶつもり。