GBA等のエミュレータの特許を任天堂が獲得、取締りに尽力か

GBA等のエミュレータの特許を任天堂が獲得、取締りに尽力か

Wii ニュース

エミュレーターについての特許(6,672,963「Software implementation of a handheld video game hardware platform」)を、アメリカ特許商標局に任天堂が申し入れていたのですが、4年間の査定の末、承認されました。

 

特許対象となったエミュレーターは「携帯ゲームハード(GBA・GBC・GB)のソフトを、上位ハード(一例として、スマートフォン、電車・飛行機の座席の後ろに設置される専用機等)によって、元のハードがもたらすものとほぼ一緒のものを、より音と映像が洗練された状態で楽しめるもの」です。

 

また「Bit-blitting(ビット・ブリッティング)」「フレームスキップやフレームレートが選べる」「キャラの変更」などもこのエミュレーターの特性のようです。

 

 

GB等のゲームをエミュレート可能なソフトウェアを作ると、任天堂が特許を取得したのですから、特許法に違反することになります。この先、取締りに尽力していくのでしょう。

また「元のゲームの購入の有無とは無関係に、任天堂のゲームをネットを介してダウンロードすることや、カートリッジから移すことなども合法ではありません」とユーザーに対して注意喚起しています。

 

根絶するのは困難でしょうが、吉報を待ちたいと思います。