wii play history

プレイ履歴が削除不能!?

少し古い情報なのですが「プレイ履歴」に関して「社長が訊くWiiプロジェクト」内で語られています。Wiiにはプレイ履歴システム(ゲームタイトル、プレイ時間、プレイした日時などが残ります)   履歴システムだけなら当然のようにあることかもしれませんが、削除不能というのは勇気のある選択だと思います。「ゲームが家庭で嫌われないように」と考えた上でできた機能だそうです。   「60分プレイしたら勝手に電源がOFFになるゲームハードは開発可能か?」というアイデアを岩田代表取締役社長が出したそうで、社長の鶴の一声として社内を伝播したそうです。しかし、最終的には妥協策としてプレイ履歴機能にたどり着いたそうです。   プレイ記録を両親が確認して、ゲームのプレイ時間や内容について親と相談する。これまでよりもゲームに親しみを覚えてもらうことができそうですね。

Continue Reading
Wiiで「ボブの絵画教室」が登場予定、使用する絵の公募も開始

Wiiで「ボブの絵画教室」が登場予定、使用する絵の公募も開始

ボブの絵画教室(日本ではNHKが放送)をゲーム化するという情報を、AGFRAG Entertainment GroupとBob Ross Interactive LLCが公式に発表しました。ハードはWiiのみ。Wiiリモコンで直線的にコントロールしてプレイします。AGFRAG Entertainment GroupとBob Ross Interactive LLCは今、パブリッシャーを募集しているそうです。   「現在Bob RossやBob Rossの絵画技術を知っている人々が存在します。我々は、今のうちに後の世代にもそれを残したいと感じています。AGFRAG Entertainment GroupとBob Ross Interactive LLCは、イマジネーション、独創性、そして『魅力の伝わりやすさ』を再現することができると信じていますし、ゲーム化が上手くいくと確信しています。ゲーム開発者はこの気持ちを常に抱くべきでしょう。皆さんの毎日にWiiがさらなる幸せをもたらすことを我々も心待ちにしています」と、AGFRAG のJoseph Hatchrさんは語っています。   また「Bob Ross Painting」内で実際に登場する風景画の公募も始まりました。 「あらゆる権利を譲渡すること」と「Bob Rossの技術に沿って描かれたものであること」が応募の条件です。6月には詳細を発表し、7月から募集がスタートする予定です。 レアな機会ですよね。  

Continue Reading
世界最短クリアレコードが塗り替えられる「スーパーマリオブラザーズ」

世界最短クリアレコードが塗り替えられる「スーパーマリオブラザーズ」

「スーパーマリオブラザーズ」の世界最短クリアレコードが塗り替えられたという情報が Twin Galaxy(ゲームの記録を収集する機関・サイト)から入ってきました。実に5分17秒。   Scott Kesslerさん(北カリフォルニア)が快挙を成し遂げました。「ほぼパーフェクトなプレイでした」と、Twin Galaxyの審査メンバーで大抵のゲームをプレイしたことがあるというRobert Mruczekさんは語っています。   「世代が変わっても激しい切磋琢磨が続いています。レトロゲームのレコードが若者世代にどんどん更新されてきているのです。レトロゲームは昔の産物ではないのです」 とWalter Dayさん(Record Bookの作者)。   リンク先で記録達成までの過程が紹介されています。ちなみに「ゼルダの伝説」や「メトロイド」の最短レコードも最近塗り替えられました。

Continue Reading
「DSニューデザイン説」を任天堂が否定

「DSニューデザイン説」を任天堂が否定

ニューデザインのニンテンドーDSの情報が公開されるという説がありましたが、これを任天堂側が公式に否定しました。1/16に日本にて発表されると、先週Lik-Sangが伝え、今のDSと一緒のクラムシェルタイプになるとしています。   IGNに任天堂オブアメリカのトップは以下のように語りました。 「ニンテンドーDSは現在一番ポピュラーなゲームハードであり、その状態は今後も続きます。平成17年には年間1300万台が全世界で売れました。ゲームハードやゲームソフトのブラッシュアップをいつも任天堂は検討していますが、現状公開できる情報は存在しません」

Continue Reading
Dragon Quest 9

平成19年にニンテンドーDSで「ドラゴンクエスト9」が登場決定!

「生誕20周年記念 ドラゴンクエスト新作発表会(パークハイアット東京にて12日14時より)」にて、スクウェア・エニックスはニンテンドーDSソフト「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」を登場させるという情報を公開しました。また「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード(アーケードゲーム)」を平成19年のサマーシーズンに登場させるということも公開。8同様レベルファイブが「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」を手掛けます。また、ドラゴンクエスト史上初めてのネット対応(ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用)。 アクション形式のバトルで、最大4人まで協力して遊ぶことができるとのことです。 8とスタッフは一緒(プロデューサーも続投)。 「れっきとした本シリーズ作品であり、DSだからといって番外編的なものということはありません」とトップの堀井雄二さんは語っています。 パークハイアット東京では、スマップの草彅剛さんらのデモプレイにより大盛り上がり。開発状態は盤石のようです。DSの下モニターがプレイ画面、上モニターがMAPになるとのこと。堀井雄二さんは平成19年内の発売を目標としているようです。 続報予定。

Continue Reading
Nintendo DS

旧型ニンテンドーDSの生産終わる

旧型のニンテンドーDSの生産が終わるという情報が「ゲームの裏話」から入ってきました。任天堂やゲームショップ等がわずかに保有しているだけですので、購入したい場合は早めに動いた方がいいでしょう。実際、ここ30日くらいはゲームショップでもほぼ目に入りませんでしたし、出荷も極端に少なくなっていたそうです。これからはDS Liteの時代になるのでしょう。国外でも次々販売が開始される予定です。 ちなみに「Newスーパーマリオブラザーズ」の登場初週には、30万台も売れたそうです(忍之閻魔帳からの情報です)。このタイミングでもクリスマス~正月レベルの売上をたたき出すDSの底力は驚異的です。出荷も状態が整ってきたLite。サマーシーズンには新しいカラーが登場すると見られています。  

Continue Reading