【初回】新納一哉さん(『世界樹の迷宮』プロジェクトリーダー)インタビュー

【初回】新納一哉さん(『世界樹の迷宮』プロジェクトリーダー)インタビュー

タイトル:世界樹の迷宮(完全新作) メーカー:アトラス 発売予定:1月 ジャンル:3DダンジョンRPG     世界樹の迷宮のプロジェクトリーダーの宇田洋輔さんと新納一哉さんにインタビューすることができました。 「世界樹の迷宮」は歴史の深いゲームメーカーのアトラスが、時代の流れにあえて逆行して世に送り出す3DダンジョンRPGです。 超執刀カドゥケウス(新納さんの前作)や新納さんに関して、様々なお話を聞きました。 かなり長丁場のインタビューとなりましたが、ぜひ最後までお読みください。     ―NintendoINSIDEのscdと申します。宇田さん、新納さん、よろしくお願いいたします。お忙しいところ機会を作っていただき深く感謝しております。   新納:よろしくお願いします   宇田:お願いします     ―前作の「超執刀カドゥケウス」も含め、新納さんのゲームの大ファンです!とても面白いです!   新納:ありがたいです。     ―革のポーチ(キャンペーン限定アイテム)も頂戴しましたし……。   宇田:え、あれをゲットしたんですか!?     ―はい、幸運にも。そのご縁から今回対談させていただく流れになりまして。不思議なものです。それは、本題に入らせていただきますね。 まずは、ファン垂涎の「世界樹の迷宮」のお話からお願いします。NintendoINSIDEに届いた質問は全部ご回答いただけるということですが、よろしいでしょうか?   新納:まあ、できるだけ(笑)     ―承知しました(笑)。まずは、世界樹の迷宮のボリュームについてお伺いしたいのですが。   新納:なかなかのボリュームがあります。マップをプレイヤー自身が手書きする分時間を要しますので、ゲームの雰囲気を考えるとむしろプレイ時間は想定を遥かに超えるものになってしまいました。     ―クリアまでのタイムは普通にプレイするとどの程度のなるのでしょうか?   新納:30時間程度で、やり込もうとすると40時間程度でしょうか。最初は15時間、やり込んで20時間程度にする予定だったんです。近頃のRPGのプレイ時間がやや長いと感じていましたので。でも、いつの間にか長くなりましたね。我が社のRPGのプレイ時間は大抵予定を超える長さになりますね(笑)     ―やはり「地図の手書き」がプレイ時間のかなりの割合をしめるのでしょうか?   新納:それももちろんあるのですが、ストーリー部分も最終的には長くなりました、スタッフに「やっぱり普通に長くなったじゃないですか」って愚痴られました(笑)。     ―1回で何分くらい遊ぶのがいいでしょうか?   新納:60分程度が限界かなと感じますが、普通は30~40分程度かと思います。サバイバル感が強いので、長時間プレイはしんどいと思いますよ(笑)。     […]

Continue Reading