Wiiの売値19800円に値下げか

Wiiの売値、19800円に値下げか

WiiのCPU用パッケージがリーズナブルに用意されると推測されており、Wiiの売値がこれまでの25000円から19800円に変わるものと日興シティグループがレポートしました(NIKKEI NETの情報です)。 きちんとした根拠がある記事ですから、期待大ですね。Wiiの購入を検討している方の背中を押すことになるでしょう。 (タレコミThanks youさん)

Continue Reading
DS Lite Pink

ニューカラー「ピンク」のニンテンドーDS Liteが7/20から販売開始!

ニンテンドーDS Liteのニューカラー「ピンク」が発売することが「ゲームの裏話」というブログにて明らかになりました。販売開始は7/20。「しゃべる!DSお料理ナビ」の販売開始日と同日です。女性向けのこのゲームにピンクはピッタリですね。   現在まで「エメラルドメイビー」「アイスブルー」「クリスタルホワイト」の寒色系統3色のみが発売されているニンテンドーDS Liteに、今回いよいよ暖色系統のピンクが登場することになりますね。利用者層がさらに増えるものと見られています。   ヨーロッパではブラックも登場しており、日本でも発売するものという説が主流です。

Continue Reading
Wiiで「ボブの絵画教室」が登場予定、使用する絵の公募も開始

Wiiで「ボブの絵画教室」が登場予定、使用する絵の公募も開始

ボブの絵画教室(日本ではNHKが放送)をゲーム化するという情報を、AGFRAG Entertainment GroupとBob Ross Interactive LLCが公式に発表しました。ハードはWiiのみ。Wiiリモコンで直線的にコントロールしてプレイします。AGFRAG Entertainment GroupとBob Ross Interactive LLCは今、パブリッシャーを募集しているそうです。   「現在Bob RossやBob Rossの絵画技術を知っている人々が存在します。我々は、今のうちに後の世代にもそれを残したいと感じています。AGFRAG Entertainment GroupとBob Ross Interactive LLCは、イマジネーション、独創性、そして『魅力の伝わりやすさ』を再現することができると信じていますし、ゲーム化が上手くいくと確信しています。ゲーム開発者はこの気持ちを常に抱くべきでしょう。皆さんの毎日にWiiがさらなる幸せをもたらすことを我々も心待ちにしています」と、AGFRAG のJoseph Hatchrさんは語っています。   また「Bob Ross Painting」内で実際に登場する風景画の公募も始まりました。 「あらゆる権利を譲渡すること」と「Bob Rossの技術に沿って描かれたものであること」が応募の条件です。6月には詳細を発表し、7月から募集がスタートする予定です。 レアな機会ですよね。  

Continue Reading
世界最短クリアレコードが塗り替えられる「スーパーマリオブラザーズ」

世界最短クリアレコードが塗り替えられる「スーパーマリオブラザーズ」

「スーパーマリオブラザーズ」の世界最短クリアレコードが塗り替えられたという情報が Twin Galaxy(ゲームの記録を収集する機関・サイト)から入ってきました。実に5分17秒。   Scott Kesslerさん(北カリフォルニア)が快挙を成し遂げました。「ほぼパーフェクトなプレイでした」と、Twin Galaxyの審査メンバーで大抵のゲームをプレイしたことがあるというRobert Mruczekさんは語っています。   「世代が変わっても激しい切磋琢磨が続いています。レトロゲームのレコードが若者世代にどんどん更新されてきているのです。レトロゲームは昔の産物ではないのです」 とWalter Dayさん(Record Bookの作者)。   リンク先で記録達成までの過程が紹介されています。ちなみに「ゼルダの伝説」や「メトロイド」の最短レコードも最近塗り替えられました。

Continue Reading
「DSニューデザイン説」を任天堂が否定

「DSニューデザイン説」を任天堂が否定

ニューデザインのニンテンドーDSの情報が公開されるという説がありましたが、これを任天堂側が公式に否定しました。1/16に日本にて発表されると、先週Lik-Sangが伝え、今のDSと一緒のクラムシェルタイプになるとしています。   IGNに任天堂オブアメリカのトップは以下のように語りました。 「ニンテンドーDSは現在一番ポピュラーなゲームハードであり、その状態は今後も続きます。平成17年には年間1300万台が全世界で売れました。ゲームハードやゲームソフトのブラッシュアップをいつも任天堂は検討していますが、現状公開できる情報は存在しません」

Continue Reading
Dragon Quest 9

平成19年にニンテンドーDSで「ドラゴンクエスト9」が登場決定!

「生誕20周年記念 ドラゴンクエスト新作発表会(パークハイアット東京にて12日14時より)」にて、スクウェア・エニックスはニンテンドーDSソフト「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」を登場させるという情報を公開しました。また「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード(アーケードゲーム)」を平成19年のサマーシーズンに登場させるということも公開。8同様レベルファイブが「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」を手掛けます。また、ドラゴンクエスト史上初めてのネット対応(ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用)。 アクション形式のバトルで、最大4人まで協力して遊ぶことができるとのことです。 8とスタッフは一緒(プロデューサーも続投)。 「れっきとした本シリーズ作品であり、DSだからといって番外編的なものということはありません」とトップの堀井雄二さんは語っています。 パークハイアット東京では、スマップの草彅剛さんらのデモプレイにより大盛り上がり。開発状態は盤石のようです。DSの下モニターがプレイ画面、上モニターがMAPになるとのこと。堀井雄二さんは平成19年内の発売を目標としているようです。 続報予定。

Continue Reading
Nintendo DS

旧型ニンテンドーDSの生産終わる

旧型のニンテンドーDSの生産が終わるという情報が「ゲームの裏話」から入ってきました。任天堂やゲームショップ等がわずかに保有しているだけですので、購入したい場合は早めに動いた方がいいでしょう。実際、ここ30日くらいはゲームショップでもほぼ目に入りませんでしたし、出荷も極端に少なくなっていたそうです。これからはDS Liteの時代になるのでしょう。国外でも次々販売が開始される予定です。 ちなみに「Newスーパーマリオブラザーズ」の登場初週には、30万台も売れたそうです(忍之閻魔帳からの情報です)。このタイミングでもクリスマス~正月レベルの売上をたたき出すDSの底力は驚異的です。出荷も状態が整ってきたLite。サマーシーズンには新しいカラーが登場すると見られています。  

Continue Reading
Code Geass

Wiiで「コードギアス 反逆のルルーシュ」が発売

3種のハード(PSP、ニンテンドーDS、Wii)でコードギアス 反逆のルルーシュ(サンライズのロボアニメ)がゲーム化されるという発表がありました。「ルルーシュスイング」というガシャポンの販促用冊子に記載されていた情報です。ゲームの概要等はまだ分かりません。   舞台は日本ですが、超大国ブリタニア帝国に乗っ取られています。そしてルルーシュは元ブリタニア皇太子でありながらも日本に住んでいます。「ギアス=一回だけ他者をどんな命令にも従わせる能力」を駆使して、彼は「黒の騎士団」を作り、自分を裏切ったブリタニア帝国に反逆を誓う。   TBS・MBS系列で放送していました。ゲームの概要が発表され次第紹介します。

Continue Reading
black ds lite

香港でブラックのDS Lite232万$分相当が消失

ヨーロッパで6/23に販売開始されるはずだった「ニンテンドーDS Liteブラック」が香港で一部消失したとの知らせがPlay Gadgetから入ってきました。DSは中国で作られており、ヨーロッパにそれを運搬する途中の香港にて、DSを大量に詰め込んだコンテナが行方不明になったとのことです。約2.66憶円(232万$)の損害になるとのこと。香港のブラックマーケットにそのDSが流出したのではないかと見られています。事件のヒントとなる情報をもたらした人に報酬金を出すと香港警察は発表しています。 ヨーロッパでの発売は6/23ということですが、暗い話題ですね。

Continue Reading